« 第2子の不妊症・解消法講習会ー4月30日「日」午前11時~2時間 | メイン | ー 脳と全身血流を良くする講習会 -3月16・23日「木曜日」ー2日間 »

ーーー 春の不眠症 ーーー自助努力・解消法講習会ー   

「季節の変わり時は体調を崩しやすい」と言われている一つに
冬から春の気温差は10度以上高くなつて、睡眠の形が変わる
ことから体調を崩しやくなります。

冬眠型から早朝4時頃目覚める春型に。
目覚めてもすぐに眠れる人は春眠暁を覚えずになり、
眠れない人はスッキリしません。場合によって
イライラ感が高まります。


春型とは言え、睡眠の質・量ともに十分でないと心身に支障がでます。
不眠が誘因で、特に男女の更年期「ホルモン減少」はうつ症状や
若年性認知症を発症しやすくします。

医療的には
   睡眠は8時間~6時間。
   昼間に眠くならなければ良い。
   規則正しく寝る時間起きる時間が決まっていると良い。
   目覚めがスッキリしておれば良い。
   また、年配者はお昼寝をすると良い
   副交感神経を優位にする
の諸説があり、その治療法は「医薬品と運動」の推奨です。

春の不眠症ー自助努力・解消法は 

   1」 身体の歪みを少なくする。
   2」 入眠時の呼吸の仕方。
   3」 鼻呼吸で眠る身体作りー
         「イビキが出ない、質の良い睡眠をするために」
   4」 春型睡眠法
   5」 末端部位の血行をよくする。
   6」 体芯の冷え解消法。
   7」 食生活・日常生活の注意点等。

を実践していただきます。

その結果、
  1」クラス1回受講で熟睡できた50代男性もあり、[入眠障害・解消

  2」睡眠時無呼吸症で装着器具を着けていた50代男性は
    3回受講後に返却できました。5回受講後は
    「妻」が寝ていると言っているし、昼間も眠くならない
    とのことです。「熟眠障害・解消」
    また、検査1時間の無呼吸40回が3.6回に減りました。

  3」頻尿で夜間に1時間毎に目覚めていた50代女性も
    「眠れるのよね」と言っています。「中途覚醒・解消」


       ***春の不眠症ー自助努力・解消法講習会 ***

    日時  2月22日「水」~4月26日「水」
         水曜日  午後3時~ 2時間
    場所  小田急線 代々木上原駅から3分
    費用  3回 「10回の内、自由に選べます」  
         2万5千円 「グッズ付」
    定員  少人数制
    持ち物 長袖・長ズボン。靴下。フエイスタオル。

    申し込みは  お名前・電話・FAXのナンバーをご記入の上
                FAX 03-3466-1216 へ
                                     -以上ー 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright(C)2001-2006: Ichii Study House All rights reserved.