«  「鼻呼吸睡眠法」の講習会ー10月15日「日」 2時~5時迄 | メイン | 冬本番ヨガー12月11日より »

{発症}・{発病}しにくい身体つくりの「提案」-自助努力式・健康法ー

     「発症」・「発病」しにくい身体作りの「提案」
          自助努力式・健康法

* 昨今、我が国の人口減少に伴い一億総人口活躍時代の政府の提唱のもと、
一人一人の積極的な健康管理に期待される時代になってきました。
個人にとってはもちろん、企業でも「健康経営」の声が高くなっています。

* そこで、NPO法人日本アクテイブ・セル・サポートとして独自な方法を
皆さまに提案させていただきます。

* 個人や企業にとって目標とする身体は、筋肉ムキムキの身体でも、ウエストが
くびれた身体でも、ピターと開脚できる身体でもなく、マズは「発症」・「発病」
しにくい身体ではないでしょうか。

* 当方の34年間のクラス指導の実績から、お勧め最短コースは
1」自律神経を整える~鼻呼吸~鼻呼吸睡眠~脳疲労解消
    2」鼻呼吸~鼻呼吸睡眠~自律神経を整える~脳疲労解消
哺乳類として「嗅覚」の「鼻呼吸」ができる身体作りをします。
その入り口は2ッ。最初に自律神経を整えるか、直接鼻呼吸から始めるか。
「鼻呼吸」から「鼻呼吸睡眠」ができる身体になって、「鼻呼吸睡眠」ができると
「脳疲労」しにくい身体になるからです。
「カラダが疲れる!」と感じるとき、空腹時以外はほとんどが「脳疲労」ですから。

* さらに「鼻呼吸」ができる身体を「維持」するには
1」 食生活をはじめ、生活習慣を整えると自ずから健康的な生活になります。
2」 「鼻呼吸」はその指針です。自身が自覚できて、自ら健康管理できる方法です。

以上の観点から、「自助努力式・健康法」を提案させていただきました。―以上―

                   NPO法人日本アクテイブ・セル・サポート
                            代表理事 壱伊布三子

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright(C)2001-2006: Ichii Study House All rights reserved.