« ガン 余命宣告者ー「自助努力・セル健康法」ー | メイン

「スポーツ」 と 「健康法」の違い

      「スポーツ」と「健康法」の違い

何か「スポーツ」をすると「健康」になると思っている人は
多いし、医療専門家は健康維持に「スポーツ」を薦める。

しかし早くもその動きを否定する出版物が出ました。
筑波大名誉教授 田中喜代次先生は
  「その運動は体を壊します」題名で
  ウオーキング・ジョギング・筋トレ・体操・
  水泳・テニス・サイクリングゴルフ。
また

ポパイのように筋肉をつけた当人から「身体に良いとは
思はない」と感想を聴きました。

上記の本を読み、話を耳にした私は、
    「スポーツ」と「健康法」の違いを掌握して
いない発信だと思いました。
何故ならば・・・・

私達は
    「現在を生きる私」と「哺乳類」の
2層で構築されている。と観ると解りやすいです。

一昔前の「スポーッ」は長刀・縄跳びなどでした。近々をみても
バトミントンやクライミングなど、今まで無かった種類のスポーツが
今や盛んにおこなわれています。ヨガも古典的な動きから、道具を
使った、ヨガもどきの動きが出ています。
つまり、「スポーツ」は時代によって生み出されたもので、
時代・時代で変わるのです。

一方、「健康法」は「哺乳類」の部分です。
心身を構築している60兆個の細胞が正常分裂するとき
に必要な「栄養素」「酸素」とそれを運ぶ「血流」が良いことに、
     協力することです。
こちらは生存する限り、変わるものではありません。


ですから
   あなたは「何を求めているのか?」
     「流行」に乗つているのか?
     「健康」を求めているのか?。

因みに壱伊スタデイーハウスは「健康法」を習得する教室です。
「細胞」が正常分裂することに、協力する動き各種「ポーズ」
「呼吸法」。正常分裂する時に必要な「栄養素」を整えます。
その結果、35年間患つた生徒さんは出ていないのです。ー以上ー


                           壱伊スタデイーハウス
                              壱伊布三子
                            「四季のヨガ」より
                           TEL/FAX03-3466-1216

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright(C)2001-2006: Ichii Study House All rights reserved.