«       小雪ヨガー11月16日より | メイン

  本当の健康法とは?

         本当の「健康法」とは?
パラリン・ピックの名のもとに、身体障害者の方々が表舞台に出てくださったお陰で、
私達は本当の「健康法」を知る一歩が出せる。例えば

*手の指は「眼」と関連しているので「眼が良くなる・・・」出版物がある。
 しかし、パラリンピック・アーチェリーの男子選手は、両腕は付け根から無く、足指と肩で矢を固定させ、的の中心に矢を当てることが出来る。

*歩くために足の指が大切と、指刺激を強調する体操指導家がいる。
 しかし、外反母趾で両足指共、指同士で網目を作る程にくっついている人が、
温泉場の濡れタイルの上をスイスイと歩いたり、社交ダンスをしている。

*健康のために「生活習慣」を整えなさいの中に「運動」がある。
 五体不満足の乙武さんは患わないのに、しかし「筋肉を鍛えなさい」と旗振りをして
 今日の筋肉ブームを起こした、東大の先生が悪性リンパ腫・ステージ4を患った。

*両脚が無く、電動車椅子で移動する双子「女子」が近所にいる。お二人とも子供持ち。
 しかし、オリンピックの元日本女性選手達の中に「不妊症」の人が大勢いる。

*原爆被爆者91歳。ポリオで86歳の今も車いすの人がいて、お元気に活躍している。
 しかし、山岳登山家が66歳・日本体操協会・コーチ委員会副委員長56歳で死亡。

*認知症研究第一人者の医学博士長谷川先生は80代で認知症を発症したが、101歳で現役の
  わらび餅を製造・販売している男性は60代の女性と結婚していると。お二人共NHKでテレビ、
  ドキュメンタリーで放映された。

*:納豆は身体に良い食べ物と言われて、茨城県出身者は納豆を良く食べると言っているのに
  長寿県でもない。

*イスラム教は約30日間、ラマダーン「断食月」が有ったり、ハラール「法律により神に許された
  もの」。ハラ―ム「法律により禁じられているもの」と厳しい自然食生活をしているのだが
  長寿国ではない

*一昔前は「玄米菜食」と言っていたが、最近は「マクロビオテック」とモダンなネームになった。
  そのトップは5人家族の内3人がガンであったと。

「健康」で「長寿」であるためには、ド~すれば良いかの疑問に、多くの人が教えてくださっています。                                                      ―以上―

              壱伊スタデイーハウス「ヨガ教室」
                 主宰 壱伊布三子
             TEL/FAX03-3466-1216
        

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

Copyright(C)2001-2006: Ichii Study House All rights reserved.